スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
極寒の地へ
- 2007/09/03(Mon) -

前代未聞の不祥事により


グリーンディスパイアを追放される形となった私ではあるが、


かろうじて手に入れたインストラクターカルーアからの報酬


ブラッディアイスのコードMAPを手に再びワープゲートをくぐった。


そしてまだ見ぬ世界を求め、冷気漂うワープゲートに突入した


ブラッディアイス


かつて多くの鉱夫が移り住んだという鉱村に建てられた戦闘コロニー。


 ミドレス北の端に位置する。酷寒の気候で、動物よりは魔物が、


特にアンデットがよく出没する。


極寒の地ブラッディアイス…万年溶けることのない氷雪の世界、


私が辿り着いたその日も容赦なく雪が降り注ぐ…


そして私の体温を奪っていった。


903a


カルーアの恨みなのかブラッディアイスの洗礼なのか、


とにかく急にきた。


デザートスクリームグリーンディスパイアと温暖な地域しか


冒険していなかった自分がここに来て初めて防具=防寒具


でもあるという事に気付かされたのであった。


しかしそんな事を考えている間にもさらに体温が奪われ、


腹痛がエスカレート!!


903b


ブラッディアイスの街まではあと少しの距離。


しかし腹痛の限界までの距離も、あと少し…(;´Д`)


ダッシュスキルも覚えていない私が全力で走った…


仮に野糞でもいいじゃまいかと何度か考えた…ぁしかし周辺には凶暴そうなMobが獲物を求めて歩き回る…脱糞達成はできるであろうが、恐らくその糞臭に釣られた周辺のMobが一気に集結し、私を糞もろとも斬りつけてくることが予想された…


腹筋に力を入れると一瞬でアウトな感覚。これはもう肛門を基点とした力の配分、まさに肛門走法でしかない!!一瞬の油断が命取りとなるこの限界近辺でのやりとりがしばらく続き、そしてやっと街に到達した!!


903c


街へ到達し辺りを見回したがそれらしき標識はない…(゚Д゚≡゚Д゚)限界…


903d


無我夢中であった


903e


かろうじてパンツを下ろしたその瞬間であった!! …まだ座ってはいない


出口が裂けるほどの放出力をもって、体内の気が弾け飛んだ!!


903f


まさに一瞬の差であった。…判断は正しかったと思っている。


氷雪が50cm四方赤茶色に染まり、中心部は溶けて沈み込んでいる…


ほのかに漂う白い湯気がその戦闘の激しさを物語っていた。


私が勝利した瞬間であった!!


903g


周囲のオフィサーや店員、ガードや冒険者も気付いていないのか…


903h


この冒険者…!? 明らかに動きが変だ…。こちらを見ずに踊り去っている…


ちょっと追うしかねえ…!!


903i


逃げられた…視姦されたと思うと何か興奮してきた。・゚・(ノ∀`)


こうして無事にブラッディアイスに到着し、


臭いながらもクエストを求めて街中を歩き出すのであった。








 


 
▲▲何かを感じたら是非ともポチッとお願いしま~すヾ(゚ω゚)ノ゛▲▲


c2006 by ESTsoft Corp. All rights reserved. c2006 Gamepot Inc., All rights reserved.

 

スポンサーサイト
この記事のURL | CABAL ONLINE | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。